FC2ブログ
2009/05 ≪  2009/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009/07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
質問・・・
2009/06/04(Thu)
よくある質問

▲先祖や故人と会話はできますか?
▲相談後のサポートはしてもらえますか?
▲心霊写真の鑑定や供養はしてもらえますか?
▲葬式をお願いしたいのですが・・・
▲料金はどうなっていますか?
▲電話でも相談できますか?
▲相談内容は全て話さないといけないのですか?
▲どんな悩み事でも聞いて頂けるのでしょうか?
▲秘密でお願いしたいのですが・・・

▲先祖や故人と会話はできますか?
はい、出来ます。
と言っても降霊をする訳ではございませんので直接対話と言う形ではなく、ご先祖様や故人様の想いやメッ セージをご依頼主にお伝えし、また逆にこちらから想いやメッセージを伝えると言う形になります。

と申しますのも降霊は非常に体力及び生命力を消耗させるた め、TVなどでよく見られるますように頻繁に行うことは生命の危険をはらみます。

よって、間接対話と言う形式を用いてお話されるお手伝いをさせて頂く事を 中心にさせて頂いております。

▲相談後のサポートはしてもらえますか?
はい、もちろんです。
一度鑑定やご相談、その他のご依頼をお伺い致しました皆様には、その後のサポートも万全に行うた め、カスタマーホットラインをお伝えしております。
よってご相談後やご依頼後に何かございましたら、お気軽にいつでもお問合せ頂けます。
開運サイト事務局 は全てのご相談者様・ご依頼主様のいついつまでもの幸福を願ってやまないうえ、それらのサポートをする事を責務とも考えております。
よって途中で見放す・ 見捨てる・見逃すと言ったことのないように万全の体制で皆様の開運のお手伝いをさせて頂いております。

▲心霊写真の鑑定や供養はしてもらえますか?
はい、もちろんさせて頂きます。
心霊写真と言っても本当に霊現象であるものとそうでないもの、また幸運をもたらすもの、 不運をもたらすもの、何かの知らせをしているもの等様々ですので、それらを詳細に分析しレポートさせて頂き、必要に応じて供養や除霊・浄霊・御祓いをさせ て頂きます。

▲葬式をお願いしたいのですが・・・
残念ながら当サイトは冠婚葬祭業ではございませんのでお引き受け致しかねます。
ただし先祖供養や水子供養、地鎮祭、動産不動産鑑定等は専門としてお引き受け致しております。
まずは一度お電話かメールにてお問合せ下さい。お問合せはもちろん無料です。

▲料金はどうなっていますか?
ご相談・ご依頼についての料金は、各種料金表のページに て明示しておりますのでご参照下さい。
出張にて鑑定や加持祈祷・除霊等を行う場合には別途交通費及び場合によっては宿泊費が必要になる場合がございます が、基本的には各種料金表に明示してある料金以外に請求することはございません。
よく鑑定や祈祷後に別に祭壇や壷を買わされるというケースがご ざいますが、当方ではそう言ったことは一切行っておりませんし、これからも一切ございませんのでご安心下さい。

▲電話でも相談できますか?
はい、もちろんです。
ご相談方法には、①本人対面、②代理対面、③電話、④FAX、⑤メールと5パターンにて対応させて頂いております。
ご相談者様・ご依頼者様のご都合の良い方法にてご相談下さい。
ただし、相談・鑑定料金に若干差がございますので、各種料金表を参照のうえご依頼下さいませ。

▲相談内容は全て話さないといけないのですか?
いいえ、お話できる範囲内で結構です。
ご相談者様は皆さん複雑なお悩みや過去を持ち合わせておられることが普通です。
中 にはいくら全くの他人であったとしても話すること自体恥ずかしい、後ろめたい、と言った内容が多いと思います。
よってご相談時には話せる範囲で結構ですの で、正直にお話下さい。
隠し事は問題ございませんが、嘘を話されては正確な鑑定やアドバイスが出来かねる場合がございます。
特にお名前や生年月日に嘘や間 違いがある場合には致命的な不正確な鑑定が出てしまう場合がございますのでご注意下さい。
話したくない・答えたくない・分からない場合は素直にそうお答え 下さい。
情報量が少なくても、その内容が正確であれば、非常に有効かつ有益な鑑定やアドバイスが出来ますのでご安心下さい。

▲どんな悩み事でも聞いて頂けるのでしょうか?
はい、と言いたい所ですが、一般社会通念上著しく逸脱したようなご相談・ご依頼内容は、場合によってはお断りする場合が ございます。
例えば、一切の因果関係のない第三者に対し悪意ある念を送り相手を苦しめ不幸にしたい、仕事のライバルを謀り貶めたいと言った様なご依頼は、 残念ながらお引き受けできない場合がございます。
ただし、誰かから悪意ある強い念を送られて苦しめられている、と言ったような場合は、その念から解き放ち 平穏な生活を取り戻すと言ったことのご依頼は快くお引き受けさせて頂きます。

▲秘密でお願いしたいのですが・・・
もちろんいかなる事柄でも全て秘密厳守をお約束致します。
私たちは信頼を何よりも重要であると考え、また如何なる場合で もご本人様の承諾なしにご相談者様・ご依頼者様のお名前・連絡先・相談内容をはじめとする全ての個人情報は法律と社会規範に照らし合わせ第三者に開示する ことはもちろんの事、流通・流出・2次使用等に利用することもございません。
どうぞご安心下さい。

スポンサーサイト
この記事のURL | ようこそ開運の窓口へ! | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幸福のお話
2009/06/04(Thu)
開運について・・・・・
人は誰でも、豊かになりたい幸福に成りたいと願っています。

しかしながら、多くの方々は色々な悩みや、迷い、苦しみなどの、問題を抱えながら、いつになったら幸せになれるだろうと考えている人が多い様です。

体調が悪い、お金がない、縁がない、仕事がない、事故が多い、繁栄しない、子供や人間関係のトラブル・家庭不和、災難続・・・・・

この様な状態では、いつになつても、不幸続きで、なかなか幸せにはなれません。

人は、知識・意識の違いや、色々な因縁によって幸せになったり、不幸になったりします。
又、自然がもたらす働きにより、大きく左右されるのが人の運勢なのです。

どんなに不運な方でも正しく開運する方法を知り、正しく実践する事で幸福になれます。

しかし、幸せになる事を何もせずにただ幸せを待ち続けても、なかなか 自分の所には、幸福は来てくれません。

ではどうすればいいのか?・・・・それは開運する正しい法則を知って頂く事です。

人にはそれぞれの開運の方法が有ります。それを正しく知り正しく実践する事が大切です。是非一度開運鑑定をして頂く事です。

一人であれこれ悩んでいても、解決の糸口は見つかりません、考えれば考える程、迷いと苦しみになり、精神的な病気(うつ病)や、ストレスからくる病気に悩んでる方々も多い様です。

全ての悩みや、苦しみの原因を正しく知る事です。この様に、全ての人の不幸や苦しみは、何らかの因果関係によって起きています。例えば、金運・財運・恋愛 運・結婚運・仕事運・商売運・健康運・事故災難運・家族運・家相運などがよくない方、そこには何らかの原因があります。それらの原因は、自分自身から起こ る場合と他の働きによって起こる場合とがあります。

この開運鑑定では、あなたの不運の原因を正しく追求し、正しく開運して行く事で、あなたの運勢が開運され、幸運へと導かれていきます。

是非、多くの方々に、参加して頂き心豊かに幸福になって頂きたいと願っています。 ようこそ!開運の薦めへ・・・
あなたは今、幸せですか?
幸せな方はその今の幸せで満足されていますか?
その幸せをより長く保ち続けたいと思いませんか?
また幸せと感じていない方は何があなた自身を幸せでないと思わせているのでしょうか?
何か迷いや悩みがあるのでしょうか?
それとも満足感が得られないだけ・・・?

恋 愛、結婚、子宝、子育て、仕事、勉強、仕事、お金、健康、人間関係、引越し、改名・・・人生に悩みや迷い、不満・不安はつきものです。
またひとつ解決して もまたひとつ何かしらが出てくる・・・。

まるでメビウスの輪のように繰り返されやすいものです。
あぁ悩み事が早く解決しないかなぁ・・・迷いから脱したい なぁ・・・不安や不満が解消され幸せになりたいなぁと考えている人、また考えたことのある人は誰しもなのではないでしょうか?

開運、それは誰しもが常に望み、誰にしも訪れる チャンスがあり、また一生に何度となくそのチャンスも巡り、しかしそのチャンスを掴み取り有益に活用し、人生の成功を納めることができる人は、ほんの一部 の限られた人たちにしか過ぎません。

しかしその開運のコツを身に付けることができたなら、あなたも明日から桜色に満ちた幸運の人生を歩んでいけるかも知れ ません。私たちは今流行のスピリチュアルカウンセラーでは ありません。

確かに今流行のスピリチュアルカウンセラーの方たちは方たちでその分野での偉大な力をお持ちなのかも知れません。
しかし私たちは私たちで開運 についてはその方たちとは比べ物にならないくらいの豊かな智慧と知識と技を持っています。
そして開運の確かなコツをも知っています。また豊富な経験や実績 もあります。

しかしそれらは一朝一夕で身に備わったものではありません。
もちろん一般の人よりかは幾分その能力に恵まれていたのかも知れません。
しかし私 たちも一生懸命勉強し研究し実践し身に付けたのです。

それらのコツを一人でも多くの人に知ってもらい、体験してもらい、開運を手にしてもらい、幸せになっ てもらえたらと思いこのサイトを立ち上げました。おそらく眉唾な方や、怪しいなぁと思われる方もお られるかも知れません。
が、このサイトを見るのも知るのも感じるのもタダです。消費するのは少しの時間だけ。
本屋の立ち読み感覚で、時間が許す限り隅々ま でのんびり目を通してみてください。
納得がいけば開運のコツを実践してもらえば嬉しいですし、納得ができなければスルーして頂くのも自由です。
ただこうし て少しでもまだ見知らぬあなたと出会えたことに感謝し、あなたに開運が訪れ幸せな日々が訪れてくれる事を願ってやみません。

では開運のコツへ一歩近づいてみましょう。 開運への確かな知識は、幸せへの確かな切符
開運のコツやはり多くの方が、あるのならぜひ知りたいと欲されるだけあってWeb上にも非常に多くの情報が氾濫しています。
大いに参考になるものもあれば一理あるものもあるし、眉唾なものもあれば見ているだけで滑稽なものまで種々様々です。
開運の窓口である開運サイトでは、開運鑑定師として25年のキャリアを持つ管理人が自ら培ったきた開運のコツを直接みなさまにお教えします。
もちろんこの コツは、もう既に多くの方々にお教えし、多くの方が実践され成果をあげてきたものばかりです。
と同時に誰にでも出来るようなものばかりです。

開運のコツを 知って頂くにともない、あわせて体験談も載せていますのでそちらも参考にしてみて下さい。



開運のコツの第一歩

開運のコツをつかむ前にまずは開運についての正しい知識を身に付けましょう。
車の運転や包丁の使い方と同じく、開運のコツを掴むには、開運そのものついて正しい知識がないと、開運のコツを知り実践することは、かえって不運を身に付けてしまうことにもなりかねません。
じれったいかも知れませんが、まずは開運についての正しい知識を身に付けることから始めてみましょう。
開運とは文字通り、「運」を開くことです。
では「運」とは何でしょうか? 一般に「運」とは、人の力や努力、意思ではどうする事も出来ない、見えない力で人や社会に影響を与える力(および力作用)を言います。
また一般に運には良運と悪運とがあり、それには一種の独特な「流れ」があると信じられています。
つまり、サイコロを6回ふれば、それぞれの出目は1回づつ出るはずであるのに、まずめったにそうはなりません。サイコロを6回ふれば同じ数字が重なることもあるし、6回中1回も出ない数字があったりもします。
またこの時の出目の順番は次のときには全然変わってしまいます。

つまりこれは何の数字がいつどの順番で出るかは、まさに「運」の「流れ」次第です。

もちろんサイコロを振る人間が故意に細工をすれば話は別ですが・・・。
このように「運」は目に見えないどうしようもない「力」が、その時々の「流れ」で人に何らかの作用を及ぼし、それによって人は、「幸運」や「不運」を甘受する事になります。
少なくともそう一般に理解されているのが「運」です。

しかしこの理解はほぼ正しいと言えますが、100%正しい理解・解釈ではありません。
と言うのは、「人の努力や意思ではどうしようもできない」、という部分がまんざらそうではないからです。

「運」は人の努力や意思である程度その「力」や「流れ」を左右できるからです。

え?そんな事出来るわけがない?そんな声が聞こえてきそうですね。
でも果たしてそうでしょうか?
少なくとも多くの日本人、いや地球人は、「運」は自身の努力や意思ではどうする事も出来ないと思っている反面、でもどうにかなるかも知れないとも思っています。

その証拠に、日本でも海外でも、困ったことがあれば神頼みもしますし、占いやおみくじ、お守りや開運グッズ、またジンクスなどについても、年齢・性別・人種や文明・文化・時代問わず、人々の関心を常に集めているのが現実です。

そしてまた、世の中には不思議と、「運」が味方しているのか「ツキ」に味方されているかのような人がいます。しかもその数は、多くはありませんが、少な くもない人数でいています。
統計を取ったわけではないので一概に多い少ないとは言えませんが、それでも私たちの身の回りや知り合いにもそう思わず感じてし まうような人はいるハズです。
そしてそう言った人たちは、やはり「運」が味方してくれるよう何かしらの努力を心がけています。

では「運」はどのような努力をし意思を持てば「味方」につける事ができるのでしょう?
開運の哲学
「運」を味方につけるには「運」にまずあなた自身が好かれないといけません。
諺に「類は友を呼ぶ」とあるように、「運」はその「類」を探し求めてやってきます。
では「運」、味方についてくれないと困るのでこの場合「良運」ですね。「邪運」じゃ困りますから・・・(笑)。

「良運」の探している「類」とは何でしょう?

「友を呼ぶ」と言うだけあって「良運」の友といえばなんでしょう?

それは「笑顔」です。「良心」です。「プラス思考」です。

・笑顔
・良心
・プラス思考

この3点を「良運」は好みます。
諺にも「笑う門には福来る」と言いますよね。西洋でも「Fortune comes in by a merry gate.」と言われるくらい、陽気で明るく笑顔でいればおのずと「良運」はやってきます。
諺(ことわざ)は人類の歴史の積み重ねからなるもので、言い回しこそ古めかしいかも知れませんが現代においてもその「訓え」は強い説得力持っています。
苦しい時でも悩んでいる時でも迷っている時でも常に「笑顔」を忘れない事で「良運」がやって来やすい心地よい環境を作りましょう。

また「悪い考え」や「自分さえ良ければ良い」と言う考えを「良運」は好みません。
なぜなら「良運」はあくまで人や社会に「良いことをもたらす運」であっ てそれを用いて「悪」を生み出したり、占有したりするものではないからです。
そのような考えを持っている人の所には必ず「悪運」がやって来てくれるでしょ う。
そして「プラス思考」。これは何よりも大事な事ですが、何よりも難しいことです。

人は必ずと言っていいほど色んな面で2面性を持っているものです。
ある点では「几帳面」な人でもある面では「だらしない」とか、「温厚」な人が一度怒る と手が付けれなくなってしまう、と言った様なことがあるように、「プラス思考」と「マイナス思考」もお札の表と裏のように表裏一体として人は持ち合わせて います。
そんな表裏一体の思考のうち「プラス思考」だけを用い、「マイナス思考」を捨てると言ったことは容易なことではありません。が、「開運のコツ」を掴み身に付けるには必要なことでもあります。

全く持って「マイナス思考」を切り捨てることは非常に難しいことですが、少なくとも「プラス思考」が「マイナス思考」を圧倒的に上回るくらいの思考になるような思考改革を行う必要があります。

違う諺で「病は気から」と言うものもありますし、この考えは非常に科学的なものの見方をするお医者さん方の多くが共通して認識していることでもありま す。
このように「プラス思考」は人の身体にも直接的に影響を及ぼすほどの力強さを持っています。
あなたに「開運」をもたらし「良運」をもたらすことなどた やすい事です。 しかしそうは言うもののこの3点を常に実行することはなかなか容易ではないと思われ感じられる方も多いことでしょう。

特に「良心」を持ち続けることと、「プラス思考」であり続けることはなかなか難しいことです。
この記事のURL | ようこそ開運の窓口へ! | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。